妊娠率を向上させる不妊鍼灸と病院の併用

病院やクリニックとの併用もおすすめしております。最短3ヶ月で妊娠された実績があります。

約7割以上の方が不妊鍼灸と病院の不妊治療の併用しており、相乗効果を実感。

病院での治療が長期化しておられる方におすすめです。当院では、身体にできるだけ負担をかけず、不妊治療の効果を高めるため、当院の不妊治療と病院やクリニックの併用をおすすめしています。

来院されている約7割以上の方が病院やクリニックの不妊治療と併用しており、相乗効果を感じられております。

両方のメリット生かして早い段階で妊娠される方が多く、実際3ヶ月で妊娠された方もおられます。

病院の不妊治療と併用し、妊娠された方々の喜びの声をご覧ください。

鍼灸治療による妊娠力アップのおかげで41歳で妊娠することができました。

当院にお越しなるキッカケになった体の問題とは何ですか?

不妊治療の為。

実際に来院、通院されていかがですか?体の問題は改善されましたか?

不妊治療で通院し、冷え改善&リラックス効果で妊娠しました。

体外受精2度チャレンジするも妊娠に至らず。

一瞬諦めようと思ったのですが…待てよ!自分の妊娠力を信じて最後にもう一度チャレンジしてみようと思った時に辿り着いたのがアクア鍼灸治療院でした。

すると自分では全く気づいていなかった冷えを指摘され、それからは定期的な鍼灸とアドバイスして頂いた、身体を温める事、食事にも気を付け、適度な運動も取り入れ、約半年間妊娠力アップに努めました。

そしてチャレンジ最後の体外受精、41歳で妊娠!しました。

本当にアクア鍼灸治療院に出会えてリラックスでき冷えを改善して頂き、念願の妊娠することができ感謝です。有難うございました。

体外受精がうまくいかず鍼灸治療を開始。4か月後、なんと自然妊娠できました。

当院にお越しなるキッカケになった体の問題とは何ですか?

冷えによる不妊

実際に来院、通院されていかがですか?体の問題は改善されましたか?

不妊治療を初めて2年。

体外受精にステップアップする際に、アクア鍼灸治療院に通院を始めました。

1度目の体外受精、採卵数は1つ。移植に至るも、着床すらしない結果に随分落ちこみました。

今思えば、冷えなどのめぐりの悪さに対する鍼灸治療を始めたばかりで、まだまだ改善途中だったのだと思います。

焦るばかりの気持ちや、不妊治療に対するグチなど、先生はいつも「わかる、わかる」と傾聴して下さり、フッと気持ちが軽くなっていました。

また、日常生活で気を付ける事、漢方を取り入れてみる事などのアドバイスを下さり、じっくり体質改善し、身体と向き合う事の大切さを気付かせて下さいました。

通院しはじめて4ヶ月、すっかり体調も良い状態となり、次の生理周期で再び体外受精の準備に入ろうとしていた矢先、まさかの自然妊娠が発覚しました。

陽性反応が出た事を先生に伝えると、「やったー!!」と一緒に喜んでもらえたのが、とても嬉しかったです。本当に感謝です。ありがとうございます。

現在妊娠3ヶ月です。おかげさまでつわりも軽く順調です。

まだ安定しない週数ではありますが、引き続き、アクア鍼灸治療院にお世話になる予定です。よろしくお願いいたします。

病院で不妊治療を行っているあなたへ。以下に当てはまるものはありませんか?

  • クリニックで不妊治療をしているが、どうしても着床しない。
  • 着床しても、流産を繰り返してしまう。
  • 病院での不妊治療が長期に渡っている。
  • 精神的にも金銭的にも苦しいため、そろそろ妊娠を諦めようとしている。

当院の不妊鍼灸であれば、あなたのそのご状況を変えることが出来ます。

不妊の原因を直接取り除く西洋医学妊娠しやすい体を作る東洋医学

医師イメージ写真病院やクリニックでは、西洋医学に基づき不妊治療を行います。

妊娠するため子宮を「畑」と例えたときに、妊娠の障害になりうる問題を畑から直接取り除いていくイメージです。

また、ロボットなどの機械を用いて、質の良い種を植えていく作業を行います。これが体外受精などにあたります。

しかし、この畑自体が作物を育てられない状態だった場合、いくら植えても育たず、成長する前に枯れてしまったりします。これが着床しない、また、流産です。東洋医学では、妊娠しやすい身体を作ることを目的としており、「子宮」=畑や周りの環境を根本的に整えていきます。

結果、質の良い畑にすることで、植えた種がしっかり育つ確率はぐんと上がります。

東洋医学に基づく不妊鍼灸を行うことで「出産率」が高まります。

ハートイメージ写真病院やクリニックで行う不妊治療は主に、体外受精や顕微授精などがあります。これらの不妊治療を行う場合、身体を良い状態に保ち、良い状態の卵子を採卵することがとても重要になってきます。

血流や滞っていたり、慢性的な冷えなど身体が妊娠しにくい状態の場合、病院での不妊治療がうまくいかない可能性が高くなります。

東洋医学に基づく不妊治療は、根本的な原因取り除き体質を改善させることが目的です。体質を改善し妊娠しやすい身体に導くことで、病院・クリニックでの「人工授精・体外受精の着床率・出産率」が高まります。


妊娠率を高めるため、必要に応じて漢方を処方されるクリニックも紹介。

漢方当院では、妊娠率をあげるため、希望される方には漢方の処方をされるクリニックもご紹介させて頂いております。

漢方は「悪いところを治す薬」ではなく、「身体が持つ自然治癒力を引き出す薬」といわれ、つまり、冷えや血液循環の滞りなど体質改善にも効果があります。

不妊治療中の身体にも負担がすくなく、妊婦さんも飲めるものも多くございます。また、一般的に個人でネットなどで購入すると高くついてしまったりしますが、保険適応のため安価で受診できます。

当院の不妊治療は1回6,000円。不妊治療と併用することで金銭的に負担が少なくすみます。

電卓当院の不妊治療費は1回6,000円としており、初めての来院時でも初診料をいれて8,000円です。

また、一般的に不妊鍼灸治療は高くても15,000円程度で、金銭面的に負担にもなりにくいです。病院での不妊治療は、治療内容によりますがっ周期あたり高いものだと30~50万ほど掛かるものがあります。

また、不妊の原因や年齢的な問題などで、500~1000万円以上かかるケースもあり金銭面での大きな負担もあります。

妊娠ができない、けどお金がかかるという負の連鎖でストレスがたまり、結果的に妊娠しにくい身体を作ってしまいます。不妊鍼灸治療でしっかり身体を整えてから、病院での不妊治療に望むことで、金銭的にも負担が少なくすみます。

よりお得に不妊治療を受けていただけるキャンペーンをご用意しています。

初回限定!インターネット限定割引!初診料が無料に

病院と鍼灸の併用は、妊娠において他にも様々なメリットがあります。

早産・流産予防

おなかを抑える女性鍼灸治療は流産、早産の予防に有効です。
体の冷えは、胎児に特に悪い影響を与えます。

体が冷えると血行不良になり、胎児に栄養を送ることができなくなり、発育ができなくなってしまうからです。

そこで流産、早産予防のためには、まず冷えを改善するよう、鍼灸で母体を温め、低下した体力を高めるように治療を行います。

妊娠中には水分代謝の低下が起こりやすいものですが、これも体が冷える大きな原因となりますので、その傾向が見られる場合には、水分代謝を促す治療も同時に進めます。

また、鍼灸は母体に悪影響となることもないので、安心して施術をお受けいただけます。

つわりの低減

つわりは、「水分代謝の低下」「体の冷え」「気の働きの停滞」などが原因となります。

鍼灸治療はつわりの原因を取り除くのにとても有効。アクア鍼灸治療院の鍼灸は体に悪影響となることもないので、妊娠中のデリケートな時期でも安心です。

①水分の代謝の低下

妊娠初期は水分の代謝が低下しやすいため、胃に余計な水分が溜まり、それが原因となり吐き気を引き起こします。ひどい場合には目眩や動悸を伴うことも。鍼灸で水分の代謝を促し、胃の余計な水分を除くことで、吐き気を鎮めていきます。

②体の冷え

冷えは、妊娠中は特に大敵です。冷えによって胃腸の機能が低下すると、つわりの症状が悪化します。鍼灸には血流を良くして全身を温める効果があり、冷え性対策にも大きな力を発揮するのです。

③気の働きの停滞

妊娠中は気の働きが弱まるため、気分が不安定になり、つわりの症状を重くすることがあります。鍼灸は気の働きを良くするので、精神が平穏になり、つわりを改善します。

逆子の改善

妊婦逆子の治療として、病院などでも鍼灸治療は進められています。

逆子の原因は、臍帯の巻きつきなど様々ですが、東洋医学的には、冷え、気血不足、気の滞り、胃腸の不調など、様々な原因があると考えます。

これらの原因を取り除くために鍼灸を行います。

具体的には、逆子に聞くツボを刺激するとにより、下腹部を暖め、その結果赤ちゃんの位置が元に戻ります。

病院と不妊鍼灸を併用し、身体的精神的なストレスを減らすことが妊娠への近道となります。

院長とスタッフ当院の妊娠率の高い不妊治療と病院を併用することで、身体的も金銭的にもご負担の少ない不妊治療が可能です。

病院での不妊治療がうまく行かず、妊娠を諦らめようと考えているあなたにぜひ不妊鍼灸を受けていただきたと思います。

お得な割引もご用意しておりますので、まずは当院にご相談ください

初回限定!インターネット限定割引!初診料が無料に