鍼灸はどれくらい続ければ効果がある?

みなさんこんにちは!
これまで、いくつもの不妊治療を経験してきたというみなさん。
「どれをやっても効果が出ない。」「もう私には子供は産めないのではないか。」と諦めてしまってはいませんか。

でも少し待ってください。
我々アクア鍼灸治療院は、あなたの不妊治療の最後の駆け込み寺、いや「駆け込み治療院」になってみせます。
今回は、そのような方々のために、「どれくらいの期間続ければ、鍼灸治療による不妊改善が達成されるのか。」というお話をさせていただきたいと思います。
これを読めばきっと、鍼灸によって不妊治療の効果が出た、あなたの未来がなんとなく見えてくるはずですよ!

■期間の差はなぜ生まれるのか
不妊治療を行い、妊娠に至るまでの期間は人によって様々です。
そのような差は、不妊の問題が「卵子の質」にあるのか、「子宮の着床」にあるのかによって大きく変わってきます。

前者の「卵子の質」の問題である場合、鍼灸治療は長い期間をかけて効果が出ることが多く、お客様には根気強く通院を続けていただきたいです。
というのも、質の良い卵細胞ができるためには、健康で問題のない身体作りをする必要があり、それらは合計で8ヶ月以上かかることが多いからです。

この途中の3、4ヶ月で「効果が出ないからやめようかな。」と通院をやめてしまっては、せっかく体が良い方向に向かい始めたところなのに、とてももったいのないことです。
是非、以前の不妊治療を思い出して「これもダメか。」と思うことなく、最後まで通院を続けてくださいね。

しかし、後者の「子宮の着床」の問題である場合は、前者に比べてすぐに効果が出やすいのが特徴です。
早いお客様でしたら、3〜7ヶ月の間に結果が出ることも少なくありません。

自分の不妊の問題がどこにあるのかを、鍼灸や問診、マッサージなどで洗い出し、その患部に慌てずに施術していくことが大切と言えそうですね。

■通院のペースは?
それでは、鍼灸院への通院ペースのオススメはあるのでしょうか。
これももちろん、患者様の体質やこれまでの治療背景によって変わってきます。
ですが、長期間通い詰めることを考えると、週に1回くらいのペースがベストと言えそうです。

この治療と並行して、食生活や生活習慣の改善を行なっていくと、卵を作る体の基礎が改善されて、妊娠という結果にたどり着けるのでしょう。

いかがでしたか。
理想的な通院期間と通院ペースがご理解いただけたでしょうか。
実際のイメージが想像できたら、あとは何も不安に思うことはありません。是非、お客様の「妊娠したい。」という願いをアクア鍼灸治療院で達成してください!