妊活お役立ち情報

AMHが不妊症の理由って本当?実際のところは?|天王寺の鍼灸治療院が解説

こんにちは。
みなさんはAMHをご存知でしょうか。
妊活されている方や、一度妊娠を経験された方なら聞いたこともあるのではないでしょうか。
みなさんの中にはAMHが低いと子どもができないと思われている方もいるでしょう。
そこで今回は、AMHが低いとどうなるかについてお話しいたします。


【AMHとは】


AMHとはアンチミューラリアンホルモンの略称で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのことを指します。
つまりAMHの量が少ないということは、卵巣内に残っている卵子の数が少ないということです。
このAMHの検査は病院やクリニックで行えます。
また保険適用外なので費用は5000〜10000円ほどかかります。


【AMHが低いとどうなるのか?】


よくAMHが低いと妊娠できないといったことを聞きますが、それは違います。
あくまでもAMHというのは卵子の個数の予測です。
AMHがゼロに近い人でも妊娠できた例はあります。
また、仮にAMHの数値が正しかったとしても、妊娠において重要なのは数ではなく質なのです。
卵子が一個しかなくてもそれが質の良いものであれば、妊娠できる確率は非常に高いと言えます。


ではAMHが低いとどのような影響があるのでしょうか。
それは「早発閉経」が起きやすくなるということです。
早発閉経とは、40歳未満の早い時期に月経が来なくなることを言います。
どうしてAMHが低いと早発閉経が起きやすくなってしまうのでしょうか。


そもそも閉経の仕組みを理解する必要があります。
閉経は、卵巣における卵胞の消失によって二度と月経が来なくなることです。
簡潔に言うと、卵巣が卵子を放出できなくなった時が閉経のタイミングです。
前述したように、AMHが低いということは卵子の数が少ないことを表しています。
つまり、AMHが低いと閉経のタイミングが早まって、早発閉経となってしまうというわけです。


【AMH低下の対策】


では対策を考えましょう。
オススメの対応策は「体を冷やさないようにする」ことです。
お風呂もしっかりと湯船に浸かるようにしましょう。
一日10分浸かるだけでも毎日続ければ徐々に基礎体温は上がっていきます。


またこの対応策は私たち鍼灸治療院もサポートできます。
当院で行っている鍼灸治療には血行促進の効果があり、体温上昇が期待できます。
ぜひご活用いただければと思います。


【さいごに】


今回はAMH低下の結果とその対策をご紹介いたしました。
妊娠・出産を考えている方は一度AMHの検査を受けることをおすすめいたします。
そして、その結果を踏まえて対策を取っていけばAMHの数値も改善できます。
ご参考にしていただければ幸いです。



buttonimg600x100.png


e9b13809c0882030d83082e74086b189_t.jpeg

お問い合わせはこちら

電話をしている女性

当院までお電話頂きましたら
「HPを見た」とおつたえください。

・お名前
・希望日時
・連絡先

をお聞きいたします。

お問い合わせ06-6774-5218(予約優先制)
枠

アクア鍼灸治療院

アクア鍼灸治療院
所在地 〒543-0031 大阪市天王寺区石ケ辻町7丁目2番地
行き方 近鉄JR上本町駅から徒歩3分
ドラックセガミ上本町店の近くです。
受付時間 月~金 11時~20時
土  10時~13時
定休日 日曜・祝日
枠
初めての方へ
当院の利用が初めての方へ
よくある質問
喜びの声
料金
施術の流れ
不妊鍼灸について
アクア鍼灸治療院の不妊治療
について
妊娠率を向上させる不妊鍼灸
と病院の併用
不妊に鍼灸が効果的な理由
30才を過ぎて妊娠を望まれる
方へ
夫婦で受ける不妊治療
アクア鍼灸治療院について
地図・行き方
スタッフ紹介
アクア鍼灸治療院の院内外風景
お問い合わせ
妊活お役立ち情報
お知らせ
アクセス

〒543-0031
大阪市天王寺区石ケ辻町7丁目2番地

近鉄JR上本町駅から徒歩3分
ドラックセガミ上本町店の近くです。

ご予約・お問い合わせ
06-6774-5218

受付時間
月~金 11時~20時
土  10時~13時

定休日
日曜・祝日

アクア鍼灸治療院の口コミ・感想をもっと見る