不妊症の方へ。不妊における鍼灸治療の効果とは?

「不妊治療をしているけど、なかなか効果がでない」
「違う治療法も試してみたい」
「不妊に鍼灸治療が良いって聞いたけど、どんな効果があるの?」
など、不妊治療に様々な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

不妊における鍼灸治療とは、どのような効果があるのでしょうか?今回は、鍼灸治療とその効果についてご紹介します。

■鍼灸治療とは?

鍼灸治療とは、体のあらゆる場所にあるツボを刺激し、身体の血流を良くしたりバランスを整えたりし、身体の不調を整え、機能回復を目指す治療法です。
鍼灸は、東洋医学の考えに基づいており、三千年以上も前から受け継がれています。

鍼治療とは、0.12ミリから0.44ミリの太さの針をツボや幹部に刺入します。
鍼灸治療は痛いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
個人差はありますが、鍼灸治療にはほどんど痛みがないといわれています。

灸治療は、もぐさを使い、熱によって体のツボや患部に刺激を与える治療方法です。
もぐさには、直接灸と間接灸の2つの治療法があります。漢字の通り、直接灸はもぐさを皮膚に直接のせて火をつける方法です。
間接灸は、灸点紙という専用の紙を、もぐさと皮膚の間に入れて火をつける治療方法です。

■鍼灸治療の効果

・肩こり・腰痛
肩こりや腰痛は、長時間のデスクワークや長い間同じ姿勢でいることによって、筋肉が緊張して起こる痛みです。
この原因は、姿勢だけでなく、生活習慣や冷え、内臓の不調によっても起こる場合もあります。
鍼灸で、首回りや腰などを刺激して、血流を良くすることで、筋肉がほぐされ痛みが和らぎます。

・眼精疲労
疲れやストレスが溜まると自律神経が乱れ、頭痛や目まい、イライラや肩こりなどが起こります。
鍼灸治療で腕にあるツボを刺激すると、自律神経のバランスが整い、眼精疲労だけでなく、リラックス効果でイライラも解消できます。

■不妊における鍼灸治療の効果

不妊の原因は様々で、ホルモンバランスの乱れ、冷え性、子宮や卵巣が活動しにくい環境にあるなどが挙げられます。
鍼灸治療をすると、体の血流が良くなり、子宮や卵巣が温まります。

また、自律神経が整うことでホルモンバランスの乱れも改善されます。
そうすると、妊娠しやすい体になり、妊娠する可能性が高まります。
鍼灸治療には、リラックス効果やストレス解消効果もあるので、精神的な問題でホルモンバランスが乱れている人にもおすすめの治療法です。

鍼灸の治療法と、その効果についてご紹介しました。
私たちアクア鍼灸治療院は、不妊治療専門の鍼灸院として、様々なお悩みを抱えた方にご来院いただいております。
不妊でお困りのみなさま、鍼灸治療に挑戦してみたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。