意外と知らない不妊治療のメカニズム|大阪天王寺の鍼灸治療院が解説

みなさんは「不妊治療」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
「妊活」をテーマにしたドラマも放送されるなど、晩婚化が進む現在、認知度や注目度共に年々上昇しています。

しかし、名前はよく知られたこの「不妊治療」、そのメカニズムについて詳しくご存じの方は意外と少ないように思われます。
そこで今回は、不妊治療とはそもそも何なのか、そのメカニズムはどうなっているのかを見ていきましょう。

・不妊症とは?

不妊治療の対象となる「不妊症」は、避妊を行わずに通常の性交を一年間行う中で、一度も妊娠しない状態のことを指すと定義されています。
卵子の老化による着床率の減少や男性の精子量、そしてその運動量に問題があるケースなど、様々な原因が挙げられます。

現在、カップルの六組に一組が抱えるこの問題を解決するにはどのようなアプローチがあるのでしょうか?
次の項目でその方法について解説します。

・不妊治療の方法

1.タイミング法
不妊治療の第一段階としてまず用いられるのがこの方法です。
女性の体温や卵胞、子宮内膜の状態の分析を通して、排卵日をより正確に予想することで妊娠の確率を上げる方法です。
排卵が起きづらい状態にある場合は、排卵を促進する薬剤を使用することもあります。

2. 人工授精
タイミング法を実践してもなかなか成果が出ない場合や、男性の精子に問題があると考えられる場合に採られる手段です。
精子を人の手を用いて女性の体内へと入れる方法です。

一見すると大がかりな治療のような印象を受けますが、人の手による治療の中ではもっとも自然に近い方法です。

3.体外受精
上記二つの手段を用いても、効果が出なかった場合に採られる方法です。
体外で人工的に精子と卵子を結合させ、それを女性の体内に戻すことによって妊娠を目指します。

以前は非常にハードルの高い方法でしたが、近年では大阪市や堺市など、体外受精への助成金を整備する自治体も現れ、より身近で受けやすい治療となっています。

・最後に

このように、不妊治療では、カップルが抱える問題やその深刻さによって治療を分け、個人の状態や要望に沿った方法を採ることができます。
また、不妊治療は女性だけの問題ではありません。
男性側に原因があるケースも決して珍しくないのが実情です。

男性側も女性側もそれぞれが問題を認識し、お互いに協力し合いながらベストな治療法を模索していくことが、不妊治療を行う上で何よりも大切なことであると言えるでしょう。

■■□―――――――――――――――――□■■
不妊治療専門の鍼灸院 アクア鍼灸治療院
http://www.aqua-aqua.jp/

11:00~20:00/月~金
10:00~13:00/土
日曜・祝日/定休日

LINE@oxy3752h

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
06-6774-5218

近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分
■■□―――――――――――――――――□■■