不妊の原因は男性の場合もある?|天王寺の鍼灸治療院が解説

不妊の原因は、女性だけにあると思っている方も多いのではないでしょうか。
実は、妊娠できないカップルの原因は半数が男性にあると言われています。
妊娠できないことは、全て女性のせいであるとは限らないのです。
では、男性側に考えられる不妊の原因とは一体何でしょうか。
今回は、その疑問にお答えします。

男性側に考えられる不妊の原因

男性不妊の原因は、主に遺伝的なものと性機能不全によるものに分けられます。
この2つ以外にはストレスや肥満、アルコールの過剰摂取や糖尿病など、生活習慣病が原因とされる場合もあります。
ここからは、一番多いとされる遺伝的な原因と性機能不全が原因である症状をご紹介します。

造精機能障害

男性不妊の9割は、造精機能障害が原因だというデータがあります。
造精機能障害によって精子が生産されにくくなる症状で、精巣やホルモン分泌の機能異常が原因とされています。
この造精機能障害にはいくつか症状があります。
そのなかで、最もよく見られるものが以下の2つです。

*無精子症

精液中に精子が確認できない状態を言います。
無精子症には2つのパターンがあります。
精子の通り道である、精路が詰まる閉塞性無精子症、または造精機能が低下することで精液中の精子数が基準値に満たなくなってしまう非閉塞性無精子症の2つです。
閉塞性無精子症は、手術によってほぼ確実に精子を回収することが可能ですが、非閉塞性無精子症の場合に精子を回収できる可能性は半分以下と低くなってしまいます。

*射精障害・勃起不全

勃起不全は、年齢を重ねるごとに発症率が高くなります。
原因は様々あり、糖尿病や内分泌疾患によるもの、不妊治療の指導による圧力からくるストレスによるものなどがあります。

*副性器機能障害

副性器機能障害は精巣以外の副性器である、精巣上体、精管、精のう、前立腺に問題があるという症状です。
それらの副性器に異常があると精子が生産されなくなり、男性不妊になってしまいます。

男性不妊の解決策はあるの?

ここまでにご説明した症状すべてに当てはまる治療法ではありませんが、精巣内精子採取法(TESE)による治療はよく知られています。
精巣で精子がほとんど生産されていない、あるいは、全く生産されていない非閉塞性無精子症である場合、精巣から精子を回収し、それを用いて顕微授精を行うのです。
精巣内精子採取法(TESE)の出現によって、それまでなら諦められていた非閉塞性無精子症を解決することが可能になりました。
男性不妊には簡単な治療で解決するケースもあるので定期的に、もしくは妊娠を考え始めたら、まず検査を受けておくことをおすすめします。

最後に

今回は、男性側に考えられる不妊の原因についてお伝えしました。
妊娠は女性次第であるという考えは、間違えだということがご理解いただけたのではないでしょうか。
男性も自身の身体に気をかけることが大切です。
不妊にお悩みの方はとても多いです。
その原因をはっきりさせて効果的に治療を行っていきましょう。