鍼灸の不妊治療ではどのツボを刺される?|天王寺の鍼灸治療院が解説

鍼灸(しんきゅう)は、細い鍼を身体に刺してツボを刺激する東洋医学の1つです。
肩こりや冷え性だけでなく、不妊改善にも効果があるので、不妊にお悩みの方が多く足を運ばれています。
鍼を刺すと言っても、ほとんど痛みは感じず、リラックスできることも魅力の1つです。
そんな鍼灸による不妊治療ですが、具体的にはどんなツボを鍼で刺されるのか気になりますよね。
この記事では、鍼灸で刺される不妊治療に効くツボについてご説明いたします。

不妊治療で刺されるツボ

不妊治療で刺されるツボには、お腹や腰回りが多いです。
足や腕も、子宮の活動と深く関わっているのでよく刺されます。
また、不妊の治療には全身のツボを刺激することが効果的なので、上記の部分だけでなく全身を刺します。
不妊治療では、身体の様々な場所を鍼で刺して不妊が改善される身体にするのです。
では、不妊治療で刺される主なツボはどこなのでしょうか。

中極

中極は、おへそと恥骨の間にあるツボで、子宮と直接神経でつながっています。
また、頻尿にも効果的だと言われています。
不妊治療の場合はさらに下にある子宮を直接刺すことも多いです。

太谿(たいけい)

太谿は、くるぶしとアキレス腱の間にあるツボで冷え性に効果的です。
冷え性に効果があるツボをなぜ不妊治療で刺すのかと、疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
妊娠には卵巣の働きが深く関わっていて、卵巣は血流が少なくなると機能が低下してしまいます。
太谿を刺激すると冷え性に効果があり、冷え性を治すために下半身の血行を良くするので、血流改善に効果があります。
つまり、冷え性を改善するツボは血流を良くするので、不妊治療に効果があるのです。

隠交(いんこう)

隠交は、中極よりもおへそに近い部分にあるおへその下のツボです。
下腹部の血流を良くするだけでなく、子宮自体の調子を整えるので、不妊改善に直接的に効果があるツボです。

まとめ

この記事では、不妊治療で刺される鍼灸のツボについてご紹介いたしました。
ツボはたくさんあって、全身のツボを刺激することで体調を整え、不妊を改善していくことがご理解いただけたと思います。
代表的なツボを3つご紹介いたしましたが、それ以外にもリラックス効果のあるツボや生理痛に効くツボも刺激してくれるので、様々な面で妊娠しやすい身体になることが期待できます。
妊娠を考えている方は1度鍼灸治療院に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
アクア鍼灸治療院では不妊治療に特化した鍼灸治療を行なっているので、ぜひお越しください。