妊活中、低温期の体温がガタガタして安定しない…その原因とは?|天王寺の鍼灸治療院が解説

妊活中の方であれば、「基礎体温が安定しない・・」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中でも、低温期の体温がガタガタして安定しないというお悩みが多いのではないでしょうか。
今回は、そのような方に向けて、低温期の体温がガタガタしてしまう原因についてご紹介したいと思います。

低温期の体温がガタガタしているってどんな状態?

理想的な基礎体温は、低温期と高温期の差が0.3~0.5度ほどあり、両者の境目ははっきりしています。
また、体温はおおむね安定しており、低温期の中でも体温が上がったり下がったりすることがないのが理想的です。
一方で、理想的とは言えない、基礎体温や低温期の体温がガタガタしているという状態には次のような特徴があります。
少しでもあてはまったら注意が必要です。

*低温期の体温が安定しておらず、こまめに上下している
*高温期が短い
*高温期にもかかわらず、大きく体温が下がっている
*体温が全体的に低い
*低温期から高温期へ移るときに時間がかかる

原因は「冷え」

このように、体温がガタガタしてしまったり体温が低かったりしてしまうことには共通の原因があります。
それは「冷え」です。
現代では、クーラーの普及やダイエット、運動不足など様々な原因によって冷え症の方が増えています。
特に女性は、男性に比べて筋肉量が少ないので、体内で生み出す熱量がどうしても少なくなってしまうため、冷え性になりやすいと言われています。
この「冷え」が不妊を引き起こす原因になるのです。

「冷え」がなぜ悪影響を及ぼすのか

体が冷えてしまうと血行が悪くなるため、十分な栄養を行き届けることができません。
これによって、ホルモンのバランスが崩れたり、子宮や卵巣などの器官が正常に働くことができなかったりします。
そのため、生理痛がひどくなったり、月経不順を引き起こしたり、排卵障害を引き起こしたりすることに繋がります。

「冷え」を解消するために

冷えを解消するための方法は色々あります。
クーラーの効いた部屋でも寒くないように足元を温めたり、温かい飲み物を飲むようにしたりしてみましょう。
また、鍼灸治療も効果的です。
鍼灸治療は、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて体のツボを刺激し、体の調子を整える治療法で、冷え性にも効果があります。
ぜひ試してみてください。

さいごに

今回は、低温期の体温がガタガタしてしまうという方に向けてその原因と対策方法についてご紹介しました。
体の冷えは不妊に大きく影響を及ぼします。
体を温めて基礎体温を安定させるようにしましょう。
アクア鍼灸治療院で、は不妊に特化した鍼灸治療を行っています。
不妊にお悩みの方はお気軽に当院までご相談くださいませ。