不妊の人に効果が見込める鍼灸治療とは?天王寺の鍼灸院が教えます

「クリニックの不妊治療をやってきたけど、なかなか妊娠しないな…」
「妊娠に効果のある治療法があればやりたいけど、他に何ができるのだろう?」
「不妊治療に効果が見込める治療法を知りたいな」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいます。
妊娠するために不妊治療してるのだから、効果が出そうなものはやっておきたいですよね。
実は、不妊治療には鍼灸でも効果があることをご存じでしょうか。
今回は、現在不妊治療を行おうとする方に向けて、妊娠効果がある鍼灸について解説します。

鍼灸で見込める不妊治療の効果とは

鍼灸とは

皆さんは、鍼灸と聞いてどんなイメージが浮かぶでしょうか?
「灸」と書かれているので、文字通りお灸をするのかなと思うことでしょう。
しかし、それだけでなく鍼灸治療院では「鍼(はり)」による治療も行っています。
次に、鍼とお灸による効果について解説します。

鍼による治療とは、治療用の鍼を使って、ツボや特定の部位に刺激を与えて自分で治癒力を高めることで、健康な状態の維持のために援助することです。
具体的には、筋緊張の緩和や血液循環を促すようにします。
鍼をすることで、体の冷えや肩こりを解消し、鎮痛効果も見込めるでしょう。
体の冷えや肩こりがストレスに感じている方は、一度鍼を試してみてはいかがでしょうか。

お灸

チネオールというヨモギに含まれる成分を皮膚に浸透させて温めることです。
お灸をすることで、血行が改善され、リラックス効果や免疫機能の改善が見込めます。
力が抜けきらずストレスを感じる方は、お灸をしてみることをおすすめします。

不妊治療に対しての効果

これまで鍼灸治療について解説してきました。
しかし、「これが不妊とどう関係があるの?」と思われた方も多いことでしょう。
実は、鍼やお灸は妊娠できる状態にするのに役立ちます。
なぜなら、ストレスや体の冷えは不妊になりやすい原因であり、これらの問題を解消することが不妊の解消につながるからです。
そのため、妊娠する可能性を上げたい方は、クリニックと併用して鍼灸院に通うことを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

注意点

以上、鍼灸の効果について解説しました。
しかし不妊鍼灸は、高熱や極度の疲労があるときは、効果が期待できません。
また、食事をする場合は治療を行う1時間前までに済ますようにしてください。
なお、通院期間は週1回を3カ月以上かけて行いますので、時間の確保が大切になります。

まとめ

鍼灸がなぜ不妊治療におすすめであるかお分かりいただいたでしょうか?
不妊治療はもちろん、ストレスを感じている方は、鍼灸治療院の通院をおすすめします。
また、当社は不妊治療専門の鍼灸院ですので、不妊に悩まれている方はお電話からご相談してみてください。
この記事が不妊治療に役立つことができれば幸いです。