肩こり治療の紹介

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

肩こりについて

鍼灸治療では、肩こりの症状の違いからツボを選びます。
肩こりを感じやすいうなじの周辺は「気・血・水」の流れが複雑に入り乱れているため、そのいずれかが滞りを起こしやすい部位なのです。

つまり「気・血・水」の巡りが悪くなって起きると考えられます。
特に「血」の滞りによるもの。
デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けていると「血」の滞りによる肩こりになりやすく、締めつけられるようなこりを感じます。

また「水」の滞りが原因の肩こりは、重だるいような症状が特徴。
首筋にパンパンに張った痛みがあるときは「気」の滞りが原因と考えていいでしょう。

このように肩こりは症状から「気・血・水」のうちどれが滞っているのかを判断することができます。

あなたの肩こりはどのタイプ?

【気】
気滞(きたい)のタイプ
現代社会はストレス社会とも言われ、ストレスや怒りを感じることにより「気」の巡りが悪くなり、首から肩にかけて張ったような痛みがあり頭痛を伴うこともあります。
【血】
瘀血(おけつ)のタイプ
筋肉は収縮したあと、そこに「血」が供給されなければ、こりになってしまします。
このため「血」の巡りが悪い瘀血のヒトは、肩こりになりやすいのです。
また、緊張状態が続いたり、長時間同じ姿勢でいると、さらに瘀血の状態になり肩こりが悪化。
芯の方で、ギューっと締めつけられるようなこり、肩こりから頭痛、目の奥に痛みを感じます。
顔色が悪く、目の周りにクマができます。
【水】
湿痰(しったん)のタイプ
水分の摂り過ぎによる、体内で水の巡りが停滞していることで起こりやすくなります。
頭が重く、めまいや吐き気を伴うことも。
雨など天候の悪い日など症状が悪化します。
症状としては、ズーンとする重だるいこりを感じるのが特徴です。
また首もとから肩、背中にかけて冷たい感覚を伴います。

四診法で体質をチェック

望診 舌診や顔面診など、目で観察する診療方法です。
顔色や下の状態、姿勢や全身の動きなどを丁寧に診ます。
聞診 聞診には声や呼吸音、咳の音などを聞く聴覚による観察法と、口臭を嗅いで判断する臭覚による観察法があります。
問診 患者様に病気の発生や経緯、あるいは痛みやめまい、睡眠の具合、食欲などについて質問をし、情報を集めます。
切診 患者様に触れて診察します。
脈を調べる「脈診」や、腹部を調べる「腹診」などです。


お一人お一人のカラダの様子が違うため、各患者様に合わせたツボを選べます。
だからオーダーメイドの治療なのです!

考えられる原因と、よくある問題

例えば、ストレスによる胃腸不良タイプ。
食べすぎや飲みすぎ、冷たい物やアルコール、油物などが原因として考えられます。

現代人の食生活を考えるとこれは普通のことと思われがちですが、人間の体にとっては決して普通ではありません。
会社や家庭のことでストレスが溜まり、飲みに行ったり食べ過ぎたりしてしまいます。
その翌日になって二日酔いや頭痛で苦しむと薬に頼ろうとします。

こうした負のサイクルが内臓を弱くしてしまい、ガンや脳卒中、高血圧の原因になってしまいます。
マッサージでこりをほぐすだけでなく、原因になっていると思われる内蔵の問題を根本から解決する治療方針をおすすめしています。

治療と予防法

  • 仕事や家庭のストレスは、体を動かすと気血水の流れが悪くなります
  • 飲食の不摂生は要注意です
  • 油物や過度のアルコールを控える一方、胃の疲れ、体の疲れに効く梅干を1日1個食べる習慣をつけると良いでしょう
  • ウォーキングやランニングなどの運動がおすすめです

上記の生活習慣をとりいれながら、「はり治療 + 首肩整体」を受けていただくと、とても効いて楽になります。

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日