大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

冷え性について

冷えは、様々な病気の原因になると考えられています。
この症状があるかどうかということは、東洋医学的な体質を判断するうえでも重要な基準で、その対策は鍼灸(東洋医学)が得意とするところです。

なぜ冷えは生じるのでしょうか。
「熱」は、体の内側に蓄えられ外気の影響で冷やされた体の表面に絶えず運ばれています。
ところが全身に運ぶために必要な量の「熱」をつくり出せなかったり、熱を運ぶ仕組みに問題があったりすると、冷えてしまうのです。

「熱」は単に全身を温めるだけではなく、体の様々な働きの原動力となります。日常的に感じる冷えは、病気になる前のサインと受け止めて、未病のうちにしっかり養生しておきましょう。

あなたの冷え症のタイプは?

腎陽虚タイプ(先天性) 生まれつき蓄えられている「熱」の量が少ない。

腎に蓄えられている生命力は「熱」のもとになるものですが、腎陽虚はその生命力が少ないため「熱」も不足気味。
少ない「熱」を全身に分配してしまうと、生命維持に必要な「熱」が確保できなくなる危険性も。

このため腎陽虚には、生命維持に必要な「熱」を温存するため、全身への「熱」の分配量を抑える傾向があります。
特徴として、全身が冷えて「寒い」「冷える」が口癖で、布団に入ってもなかなか温まらず寝付けません。
冷えると、下痢にも便秘にもなりやすい傾向があります。

予防策としては、首周りや足首など「熱」を逃しやすい場所を覆ってください。
また、体を温める食材(大根・山芋・玉ねぎ etc)の根菜類等を摂ると効果があります。
体等、運動することもおすすめです。
気滞タイプ 手足は冷えるのに、顔はのぼせる「冷えのぼせ」が特徴。

「気」には「熱」の巡りを先導するという役割があります。
このため「気」の巡りが滞ると「熱」を帯びている部分と「熱」が行き渡っていない部分が表れ、偏りがでてきてしまうのです。
その結果、「熱」が不足している場所で冷えを感じることに。冷えの他、イライラや不眠、月経前に胸が張る、といった症状を伴っていることが多いでしょう。

症状としては、体の中心は「熱」が過剰になっているのに末端は不足しているのが特徴。
顔はのぼせているのにもかかわらず、手足は冷えている、いわゆる冷えのぼせタイプです。

予防法としては、体を動かし、趣味等を積極的にすると良いでしょう。
瘀血タイプ 「熱」の運搬役である「血」の流れが渋滞している。

全身に栄養を運ぶ「血」には「熱」を運ぶ役割も。
瘀血の人は「血」の流れが悪くなっているため、気滞と同様「熱」に偏りが生じて全身に「熱」が運ばれず、末端に強い冷えが生じてしまうのです。

「血」は「気」が先導してくれるおかげで全身を巡るもの。
このため瘀血の人は気滞が原因で冷えを感じやすくなっているとも言えるのです。

特徴としては「血」が「熱」を運べないために、主に末端に冷えを感じます。
「血」は体の深部を流れて「熱」を運んでいるので、末端部でも体の芯から冷えを感じやすいでしょう。

予防法としては、気滞と同様に体を動かすことで、「血」の巡りを良くすることがポイントです。
普段の生活の中で、体を使う意識を持って行動するようにしましょう。
湿痰タイプ 余計な水分が体の熱をじわじわと奪っていく。

体の中に必要以上に水分がたまっている湿痰の人。
蓄えられた「水」は体の「熱」を奪っていきます。

「水」は重力によって下にたまる性質があるため、特に下半身の「熱」が奪われやすくなる傾向があります。
一方、体の上の方では「水」が不足しているため、のどが乾いて冷たいものを飲んでしまい、さらに体を冷やすという悪循環が起きるのです。

特徴としては、夏は暑がりで冬はやたらと寒がる傾向があります。
手足は冷えているのに、少し動いただけで汗がドッと出るという特徴も。
汗による体温調整機能が定価している証拠です。

予防法としては、水分の摂り過ぎを避けること。
また、体の中から水分を出す運動を心掛けてみると良いでしょう。

体を流れる3要素

「気」「血」「水」のバランスが崩れると体調不良に。

母親から授かった姓名エネルギーで、整理機能を絶え間なく運動させる動力、「血」「水」を動かしている。
「気」が不足すると、様々な病気の原因になる。
ストレスや過労、睡眠不足の他、食べ物からも「気」が出ており、栄養バランスの乱れでも「気」が乱れる。
血管の中を流れている成分。
「血」の異常が生じると、女性特有の病気につながりやすい。
「血」の流れが悪くなり、体内に停滞した有害な状態を「?血(おけつ)」と言い、月経異常や冷え、肩こり等の症状を生む。
貧血やめまいの症状が現れる。
汗・唾液・涙・尿・リンパ液・胃液等、体液全体を指す。
水分の代謝や皮膚の免疫機能と菅家が深い。
「水」の流れが悪くなった状態を「水毒」または「水滞」と言い、水分の代謝が悪くなって尿、汗の異常、むくみ、のどの渇き、鼻水が出る等の症状を引き起こす。

四診法で体質をチェック

望診 舌診や顔面診など、目で観察する診療方法です。
顔色や下の状態、姿勢や全身の動きなどを丁寧に診ます。
聞診 聞診には声や呼吸音、咳の音などを聞く聴覚による観察法と、口臭を嗅いで判断する臭覚による観察法があります。
問診 患者様に病気の発生や経緯、あるいは痛みやめまい、睡眠の具合、食欲などについて質問をし、情報を集めます。
切診 患者様に触れて診察します。
脈を調べる「脈診」や、腹部を調べる「腹診」などです。


お一人お一人のカラダの様子が違うため、各患者様に合わせたツボを選べます。
だからオーダーメイドの治療なのです!

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

むくみについて

むくみとは体内の水分により顔面部や手足などが痛みを伴わない形で
腫れた状態になることです。

美容はりは体内の過剰な水分を排出することで著効を示す場合が
少なくありません。

臨床では、むくみに対する施術が終了するとトイレに行く人が多く
「すっきりした」「身体が軽くなった」と言われます。

時に顔面部のむくみでは、施術で顕著に変化する場合が少なく
ありません。

しかし、一度の治療によるこのような劇的な変化は、その場限りの場合があります。
その為むくみやすい体質を根本的に改善するために、当院では「美顔はり」以外に「体質改善はり」を同時に行なっているのです。

脚のむくみ・疲れ

脚の疲れは歩き過ぎなど運動によるものばかりでなく、運動不足によって血行が滞り、水分の排出がうまくいかないために、だるくなることも多いもの。

脚から全身の血液循環を高めるツボで,疲れをすっきりさせましょう。
当院では根本の体質を改善させる治療を行なっています。

美容メニュー カラダの中から美しくなるよう、体質改善を目的としたはり治療

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日