大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

うつとは?

「うつ」(鬱)は、誰もがかかる恐れのある現代病。
現代社会では、多くの人がストレスを抱えています。ストレスがたまり続けると、脳の血流が低下し、神経細胞はうまく働かなくなり、うつ病になると考えられています。うつ病になると心と体のどちらにも症状が現れ、主な症状は、気分が憂鬱になる、意欲の低下、不眠や食欲不振、疲れやすくなるなどです。
うつは心の風邪とも言われ、誰もがなる可能性のある病気です。気晴らしや休養だけでは治すことが難しく、早期に治療を受けることが必要です。

うつや精神不安の改善に鍼灸治療は効果的です

心も体を構成する1つの要素として捉え、心身を総合的に診て治療するのが東洋医学。鍼灸治療もうつ、精神不安の改善に大きく役立ちます。
鍼灸治療では、うつ、精神不安を、
①胃腸が悪い場合
②脾胃が弱っている場合
③胸脇苦満がある場合

と、原因を3つに分けて考え、それぞれ治療を行います。

①胃腸が悪い場合

胃腸の機能が悪いと、みぞおちの辺りで動悸がしてのぼせることにより、精神不安を引き起こします。ですから、鍼灸治療により胃腸のバランスを調えることで、気分を安定させる効果が期待できます。

②脾胃が弱っている場合

脾胃が弱ると、精神不安を悪化させるため、脾胃を補う鍼灸治療を行います。

③胸脇苦満がある場合

胸脇苦満とは、胸や脇腹が緊張している状態のことです。精神を穏やかにするために、東洋医学に基づく鍼灸治療によって、この部位の緊張を解していきます。

うつ、精神不安治療の主なツボ

労宮は精神疲労の改善に有効なツボです。百会は頭に上った気を下ろし、肩井は肩や首の緊張をほぐし、リラックスさせる効果があります。アクア鍼灸治療院では、このうなツボに対し、適切な鍼灸治療を行っていきます。

東洋医学に基づく「うつ・精神不安」への食養

しそ、シナモン、棗やゆり根を摂るようにしましょう。しそは胃腸を丈夫にし、気を整えてくれます。シナモンには不安感を軽減する効果があります。チャイや、カフェオレに加えてみてはいかがでしょうか。棗やゆり根は精神不安やヒステリーを鎮める食べ物として昔から知られています。

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日