大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

女性の誰もが経験する更年期障害

閉経期頃(45~55歳頃)の女性に起こる不定愁訴のことを更年期障害と言います。不定愁訴とは、検査を行っても病変を見出すことが難しい自律神経症状や、不定の身体的な苦痛のことを言います。主な症状として、倦怠感、のぼせ、めまい、頭痛、動機、イライラ、不眠、発汗などが挙げられます。更年期障害は誰もが経験するものですが、症状には個人差があり、重い人もいればほとんど無いような人もいます。
また、近年では50歳頃の男性で不定愁訴の症状を訴える人が多くなっており、男性の更年期障害とも言われています。

更年期障害の原因と東洋医学による鍼灸での治療法

東洋医学は、更年期障害の原因の根源を?血だと考えます。?血とは非活性化した血液のことで、?血が多くなると血流が滞り、血液全体の活性化が損なわれ、新陳代謝が低下します。閉経期前後は?血が増える傾向にあり、これが肉体、精神どちらにも悪影響を及ぼし、不定愁訴のさまざまな症状を引き起こすのです。
鍼灸でのツボの刺激は、?血を流す高い作用があります。?血が流れれば徐々に血流が改善、新陳代謝が上がり、更年期障害の辛い症状を改善に導くことができます。
また、?血の影響で気の巡りが悪くなると、倦怠感やイライラ、不安感など精神的な症状が悪化します。このような場合には、?血の治療と同時に、気の巡りが良くなるよう養生します。

鍼灸治療での更年期障害の主なツボ

鍼灸治療では、頭の頂点にある百会と、手足の労宮、湧泉、失眠それぞれのツボを、症状に合わせて刺激します。

東洋医学での食養

東洋医学的見解による更年期の食養をご紹介しましょう。サフランや紅花には血流を促す効果がありますので効果的です。また、ゆり根やシソ、レンコンには精神を安定させる作用があり、これらを摂るようにすると良いでしょう。
肉類や砂糖、香辛料、コーヒーやチョコレートなどのカフェインを多く含むものは精神を興奮させます。のぼせやイライラが増しますので、そのような症状がある場合には避けるようにしてください。

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日