大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

生理痛・生理不順とは?

生理痛とは生理中に起きる、お腹や腰のひどい痛みのことです。
また生理不順とは、生理の間隔や出血日数、出血量に異常がある状態のことです。

生理痛・生理不順について

西洋医学では、生理痛、生理不順の原因をホルモン分泌系を含む生殖器の機能低下と考えますが、東洋医学では、血液の新陳代謝のトラブルとみなします。

東洋医学では内臓を心・肝・脾・肺・腎という5つのグループに分けて考えます。西洋医学の解剖的な意味だけではなく、働きや機能も含む概念です。そして、月経を司っている臓腑は肝と腎です。肝は西洋医学でいう肝臓で、血を蓄え、体内を流れる血量や循環を調整する役割を持ちます。腎は腎臓で、生殖器系やホルモン系を含む生命エネルギーを蓄える臓器であり、生理に深く関係する器官です。つまり、これら2つの経路のバランスの乱れが、生理痛、生理不順の原因となるのです。

鍼灸による生理痛・生理不順の治療

肝、腎のバランス回復に働きかけるよう鍼でツボを刺激します。診察により患者さまそれぞれに適するツボを見極めたうえでの施術となります。痛みや副作用は無いので、安心して治療をお受けください。また、鍼灸治療では体質の根本的な改善に期待が持てますが、根本的に体質を変えることで生理痛はおさまっていきます。

つらい痛みは、ツボ刺激や、下半身を温めることで、らくになります。
あまりに痛みが強い場合は、背景に病気がないかを調べるために、一度婦人科へ。

ストレスと鍼治療

「生理はストレスのバロメーター」といわれるほどに、ストレスはホルモン分泌に影響を与え、不順の引きがねとなります。ホルモンバランスの乱れは不妊症のリスクを高める恐れがあり、肩こり、肌荒れ、頭痛という症状が現れることもあります。鍼刺激はリラクゼーション効果をもたらしますので、ストレスの軽減に役立つものと思われ、そういった点からも有効なアプローチであるといえます。

体質による生理不順の見分け方

一般に月経の周期に異常がみられるものを総称して月経不調という。
生理の周期が早まったり遅れたり、また、早くなったり遅くなったり不定期なものを生理不順という。
月経の不調には周期以外にも、量、色、質に変化がみられる。
鍼灸の診断では「虚」「実」「寒」「熱」で体質を判断して治療する。

◆生理の周期が早い場合
  • 食生活で、辛い物など好んで食べる方。
  • ストレスでイライラする毎日を送っている方。
  • 元々、慢性疾患を持病としている方。
  • 過剰労働や飲食不摂生で胃腸に負担をかける方。
●症状として
  • 生理の周期が7日以上早まる、また、1ヶ月に2回生理が来る。
  • 量的にも多く、色は真っ赤で粘っていることがある。

そのような方は、小便が黄色で便秘ぎみ。
このように、体内に熱を持ち過ぎる場合、起こることが多い。

◆生理の周期が遅い場合
  • 生理や産後の時、好んで生ものや冷たいものを飲食すると、体内を冷やし、血行不順、冷え性になりやすいため起こる。
  • 元々、体質が虚弱で慢性疾患がある方。
  • 性行為の過多。
  • 長期に渡りストレスを受け続けた場合「血」の流れが悪くなり生理の周期が遅れる。
●症状として
  • 生理の周期が7日以上遅れ、ひどい場合は、40~50日に1回しか生理が来ない。
  • 量的には少なく、暗紅色で血塊が出る時もある。
  • 顔色は青白く、手足の冷えがあり寒がりの方が多い。
◆生理の周期が早くなったり遅くなったり不定期な場合

「血」の流れが悪く、自律神経の疲れによるものや、感情の浮き沈みが激しくなる、生理の周期が不安定になりやすい。
また、性行為の過多や出産が過度であったりすることで不安定にもなりやすい。

●症状として
  • 月経前は乳房やお腹が張って痛みが出やすい。
  • 気分は憂うつでスッキリしない。
  • 量的にも多かったり少なかったりで、月経がスムーズに来ない。
  • 先天の精(生まれもっての体質)が弱り、精血不足になる。
  • めまいや耳鳴り、腰が重だるく夜中に多尿することがある。

生理痛になる原因と症状

生理前後に周期的におこるお腹や腰の痛みを生理痛と呼ぶ。
ひどい場合は、耐え切れないほどの痛みや顔色が悪くなったり冷や汗が流れる。
手足は冷たく、はき気やむかつきなどの症状を伴うこともある。
生理痛の発生は「気」の不定及び「血」の不足から生じる「気」「血」の流れが順調であれば「水」の流れも良く、生理痛は発生しにくいと考える。
しかし、なんらかの原因で体を冷やすなど環境の悪い場所で長期的労働するなど、体が冷えやすい状況では、生理痛の原因になることがある。
また、ストレスなどにより、気持ちのコントロール(自律神経)が出来ていない場合にも起こる。

◆原因として
  • 生理前後の体にクーラーや雨などにより、体を冷やした状態や、飲食によって生ものや冷たい飲み物など飲食すると体に湿気が入って冷やす原因になる「湿」は水分であるため、東洋医学では冷やす原因になる。
  • 心のバランスを欠く時「気」が不足し、血の流れが悪くなり骨盤内の血流が停滞することによって生理痛が起こりやすい環境になります。
  • 先天的に虚弱体質な上、性行為の過多により肝と腎精の不足により血の流れを悪くする。
●症状として
  • 生理前後に体を冷やすと、お腹や腰などに激しい痛みが腰背部に広がる。
  • 生理の量も少なめで、血の固まりや濃い色になりやすい。
  • ストレスにより気の乱れ、いわゆる自律神経が乱れた際、痛みよりもお腹の張りが強く出ます。この場合、生理がスムーズに来ないことがある。量的には少なく、乳房の張りが感じることもある。
  • 虚弱な体質の方が性行為をし過ぎるとお腹を押された痛みが出現する。生理前後にめまい、耳鳴り、顔色が悪くなり、倦怠感などが起こりやすい。

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日