大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

つわりとは?

つわりとは、妊娠初期に吐き気、嘔吐、食欲不振などが起きることです。妊娠6週ごろから始まり、4ヶ月ごろになると自然に治まります。症状が重い人もいれば、ほとんど出ないような人もいて、個人差があるのですが、主な原因は①水分の代謝の低下②体の冷え③気の働きの停滞の3つです。

つわりの改善は、鍼灸治療の得意とするところ

鍼灸治療はつわりの原因を取り除くのにとても有効。アクア鍼灸治療院の鍼灸は体に悪影響となることもないので、妊娠中のデリケートな時期でも安心です。

①水分の代謝の低下

妊娠初期は水分の代謝が低下しやすいため、胃に余計な水分が溜まり、それが原因となり吐き気を引き起こします。ひどい場合には目眩や動悸を伴うことも。
鍼灸で水分の代謝を促し、胃の余計な水分を除くことで、吐き気を鎮めていきます。

②体の冷え

冷えは、妊娠中は特に大敵です。冷えによって胃腸の機能が低下すると、つわりの症状が悪化します。鍼灸には血流を良くして全身を温める効果があり、冷え性対策にも大きな力を発揮するのです。

③気の働きの停滞

妊娠中は気の働きが弱まるため、気分が不安定になり、つわりの症状を重くすることがあります。鍼灸は気の働きを良くするので、精神が平穏になり、つわりを改善します。

つわり治療の主なツボ

つわりの改善に効果のあるツボの代表は、中院、陽陵泉、神門です。中院はあらゆる胃腸の症状を良くするツボで、特に、食欲不振や吐き気の改善に効果的です。また陽陵泉への刺激は嘔吐を治め、神門は気の働きを良くし、精神を安定させます。

◆食養

空腹はつわりの症状を悪化させますので、少しずつでも食べるようにしましょう。
しょうがや梅、陳皮は吐き気を抑えるのに良いと言われています。しょうがと梅には整腸作用があり、陳皮は胃腸を丈夫に。梅肉としょうがをすりおろしたものをお湯に溶かして飲むのも、美味しくてオススメです。

治療メニュー 「痛くない」「気持ち良い」安心治療 即効で痛みがとれ、歪みを整えます

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日