大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

不妊を解消?大阪の治療院が伝える鍼灸の効果

「不妊治療に鍼灸が効果的って聞いたけれどなぜ効くの?」
「不妊の原因がいまいちわからないけれど鍼灸が効果的らしい」


みなさんこんにちは。不妊にお悩みの方の中にはこのような考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、鍼灸が不妊に効果的な理由を不妊の原因を踏まえたうえでご紹介します。


◇不妊の原因

人間の体は神経系や内分泌系をもっており、絶妙なバランスで制御するシステムを維持することで健康な状態を保ちます。しかし、最近の生活スタイルの激変や食生活の乱れから、この体内のシステムを維持することが難しくなっています。


この乱れがホルモン系に影響を与えており、妊娠しにくくなっていると考えられています。

不妊の多くは原因不明といわれますが、実際はこのシステム維持の崩壊からくるホルモンの乱れが原因となっているようです。


◇鍼灸の効果

鍼灸の刺激は、各種の感覚受容器と呼ばれる感覚器官に刺激を与えることで興奮させ、鎮痛効果をもたらします。

生理痛などの痛みへの予防・治療に効果を発揮することが期待されます。これにより妊娠しやすい体を作ることができます。


また、血流を改善する効果があります。

鍼灸の刺激が交感神経の反応に働きかけることで両手足の末しょう神経の血液の循環に効果を表します。


さらに、鍼灸の刺激にはリラクゼーション作用もあります。

心地よい鍼灸の刺激は癒し効果のあるα波を増大させる作用があることがわかっています。また、抗ストレス効果も期待できるということで非常に頼もしいですね。


◇不妊に鍼灸が効果的な理由

生理痛への痛みを予防・治療することができることが不妊に効果的だということにつながります。生理痛は多くの場合、体調とかかわっていることが多いです。そのため、生理痛を解消できると体の調子も整い、ストレスも軽減されるため妊娠しやすくなると考えられます。


不妊領域においては、至急動脈や卵巣動脈の血流の改善が不妊に対する効果的な治療法とされています。

そのため、血流改善に効果のある鍼灸を特定の部位に刺すことで、血流改善することが期待でき、妊娠の可能性が上がります。
不妊治療をしていると、心身ともにストレスを感じることは多いはずです。そんなときに筋肉の緊張を緩め、リラクゼーション効果を得ることができます。


いかがでしたか?
鍼灸の治療を行うことで、体に負担をかけずに不妊治療を行いましょう

2017-10-20 00:00

不安な不妊治療!鍼灸が痛くないってホント?効果はあるの?

「友達にはもう子供がいるのに私だけいなくて不安!」
「自分の両親や旦那の両親からのプレッシャーがつらい!」
「体外受精などの治療をしたのになかなか妊娠に結び付かなかった!」


このような経験をして、つらい思いをしている方がいらっしゃるのではないでしょうか?
そこでこの記事では不妊治療の一つである鍼灸治療について解説していこうと思います。


ところで皆さんは鍼灸治療と聞いてどのようにイメージを持たれますか?
「鍼灸治療なんて痛そう!」
「本当に効果はあるの?」
などといったイメージを持たれた方が多いのではないかと思います。
それではこの二つのマイナスなイメージは真実なのでしょうか?


◆鍼灸治療が痛くないってホント?その理由とは?

実は、鍼灸治療は痛みをほとんど感じません。
鍼灸治療では鍼を体に刺しますが、皆さんその鍼のことを注射針や縫い針のようなものだとイメージしていませんか?


鍼灸治療で使用する鍼は大変細く、弾力のある鍼です。

また鍼灸治療では皮膚の表面にある痛点という器官に一定以上の痛みを与えないように鍼の刺し方や形状などを工夫しています


その結果ほとんど痛みを感じることはないのです。実際に鍼灸治療を受けた方の中には鍼が刺さっていることに気づかれない方もいらっしゃいます。
鍼灸治療が痛みを伴うものだと思い、治療を躊躇されていた方は是非行動に移してみてはいかがですか?


◆鍼灸治療って本当に効果があるの?

一般的に、不妊の原因としては以下のようなものが考えられます。
・生活習慣の乱れ
・生殖ホルモンの分泌不全
・肉体的、精神的ストレス
・自律神経の乱れ
鍼灸治療での目的は、自律神経を整えることにより体質を改善し、妊娠に繋げることです。
実際に、妊娠に結び付き、効果を実感された方も多くいらっしゃいます。


◆治療はどのくらいの頻度?

ここまでで、鍼灸治療に対してプラスなイメージを持たれた方も多くいらっしゃると思います。

それでは実際に鍼灸治療に通う頻度はどれくらいがいいのでしょうか?
最も良いのは週に一回程度、継続して受診していただくことです。


受診期間には個人差はありますが、効果が出るまで半年以上かかることがほとんどです。

実際に効果が出る前に諦めてしまうともったいないですよね。

そのため、鍼灸治療をする際には長期的な視点を持つことが重要です。


いかがでしたか?
ここまでで鍼灸治療には痛みの心配がなく、効果があることを説明しました。
実際に受診してみないと不安だと感じる方もいらっしゃると思いますので、まずは一度、試しに治療を受けてみることをおすすめします。

2017-10-16 00:00

大阪の鍼灸院が教える!不妊鍼灸で妊娠しやすくなる2つの理由とは

妊娠を望んでいるにもかかわらず、不妊に悩んでいるという女性は多いですよね。

特に、不妊のはっきりとした原因がわからないと言われた場合、何をしていいのか正直わからないと戸惑ってしまうものですよね。


そこで、原因がわからないけれど、不妊にお悩みの女性に是非おすすめしたいのは、不妊体質を改善する効果があると言われている鍼灸治療です。


今回は、不妊症に悩む女性の妊娠力を高めると言われている「不妊鍼灸」の知られざる体質改善効果についてお話ししたいと思います!!


■妊娠の大敵「冷え症」を改善!

冷え症が、妊娠の大敵であることはご存知ですか?
特に女性は筋肉量が少なく、熱を生み出す力が弱いため冷え症になりやすいのですが、身体が冷えると様々な悪影響を及ぼします。


身体が冷えることによって、血行不良を起こし、子宮に十分な血液が送られなくなります。すると、女性ホルモンが十分に分泌されなくなり、卵巣機能が弱まってしまうのです!


不妊鍼灸では、不妊症のツボに温熱作用を与えたり、鍼によって大量を調整したりすることによって、血流を改善し、冷えの原因に直接アプローチします。こうすることで、子宮や卵巣の血流が良くなり、受精卵が着床しやすい状態に導きます。


■自律神経を整えて妊娠体質へ!

現在人は特に自律神経が乱れていることが問題となっています。
まず自律神経とは、自分の意志とは関係なく働いてくれる神経の総称のことを指し、心臓や内臓を動かしたり、食べ物を消化したりする役割があります。


自律神経は、生命を維持するために非常に重要な機能を担っているのですが、ストレスが多い社会で生きる現代人にとって、自律神経が乱れは大きな問題となっています。
中でも妊娠を望む女性にとって、体調をコントロールしてくれている部分のバランスが悪いのは致命的ですよね。


鍼灸治療の鍼刺激によって、神経細胞が本来の状態に整うことで、自律神経の乱れが改善されます。すると、内臓の働きがスムーズになり、生殖機能も活発になるので、妊娠しやすい状態にもっていくことが出来ますよ!


■おわりに

不妊鍼灸が不妊症に効果的だということはご理解いただけたでしょうか?
鍼灸治療は、身体の冷えや自律神経の乱れを改善することによって、妊娠しやすい身体づくりを手伝ってくれます。
痛みや熱さが不安という方も多いと思いますが、痛くないという場合がほとんどなので、心配する必要もありませんよ!
原因のわからない不妊でお悩みの方は是非、不妊治療の1つとして不妊鍼灸を選んでみてくださいね。

2017-10-12 00:00

鍼灸による不妊治療

不妊でお悩みではありませんか?
その悩み鍼灸で解決してみませんか?

そもそも不妊ってなんでしょう?
不妊は病気でもその症状でもありません。不妊は様々な原因の結果に起こるなかなか妊娠できないという状況なのです。


ではなぜ不妊になるのでしょう?
人間は高度に発達した神経などをバランスよく制御することで健康を維持しています。しかし最近の生活スタイルや食生活の変化によって、このバランスが崩れてきていることが原因です。
多くの不妊はこのバランスの乱れによる神経系とホルモン系の働きが悪くなり引き起こっていると考えられます。


そもそも鍼灸治療って?

人間は弱ったり病気の場所があると、自然に本来のバランスを保ったり、自分の力で治そうという機能を持っています。

鍼灸治療はその「自然治癒能力」を高め、血液循環、内臓、などの働きを正常な状態まで治癒できるように促す効果があります。


鍼灸治療って痛くないの?

鍼灸治療は字のごとく鍼やお灸を使う治療法です。
なので、「痛い、怖い」といったイメージを持っている方も少なくないと思います。しかし、実際はほとんど痛みはないです!!
鍼の太さは0.16mm~0.18mmで髪の毛と変わらないくらいの太さになっています。また、鍼はステンレス製で使い捨てのため衛生面も安心です。


西洋医学と鍼灸治療はどう違うのでしょう?

不妊治療には西洋医学による治療と鍼灸による治療があります。
西洋医学とはそもそも体を部位ごとに分けて考える医学です。なので、病院に行くと内科、外科、小児科など専門分野に分かれて治療します。だからこそ、一般的な怪我や病気には非常に効果を発揮します。
それに対し、鍼灸治療では体全体を小宇宙と考え、体のバランスを総合的に診るため、先ほどのように神経系のバランスが崩れて不妊になってしまっている方には非常に効果的と言えるでしょう。


鍼灸治療って高くないの?

不妊治療の価格は治療法によって幅広く変わってきます。
病院でのタイミング法や人工授精は1万円〜3万円ほどで安く感じますが、妊娠率は5%〜9%と非常に低い確率になっています。また妊娠率30%〜45%ほどの体外受精という方法もありますが、価格が1周期あたり約30万円〜50万円と高額になってしまいます。


しかし、鍼灸院では1回の治療で約6000円ほどで治療を受けられる医院が多いです。鍼灸治療で体を整えることで、自然妊娠する方も少なくありません。また、鍼治療と体外受精を同時に行うことで約60%まで妊娠率を上げることが可能です。そう考えると鍼灸院での治療費はそれほど高くはないのかもしれないです。


いかがだったでしょうか?
当店では不妊鍼灸に力を入れており、アットホームな雰囲気で治療を行なっております!!
仕事終わりによっていただくだけで、治療薬の体への負担が減る上、自然妊娠の可能性も上がり、高額な治療費を節約することも可能かもしれません。
是非ご来店お待ちしております!!

2017-10-08 00:00

不妊治療に対する鍼灸治療の効果とは?

不妊治療を続けているけれども、それで妊娠できるか悩まれる方は非常に多いのではないでしょうか?

妊娠にはタイミングも非常に大切であり、効果が出ない場合には不安になる方も多いと思います。

基本的に不妊治療においては、西洋医学を用いて治療をされる方が多いと思います。

しかし一方で、近年は東洋医学の不妊治療への効果も見直されつつあります。

今回は、その東洋医学による不妊治療への効果についてご紹介したいと思います。


不妊とは?

不妊とは、一定期間避妊をせずに性生活を行っているのに、妊娠ができないことを言います。

多くの方は、1年以上妊娠しなかった場合に、検査をし始めます。

不妊治療をされる方は女性が多いですが、原因は女性にあるだけではありません。

そのことは、治療を始める前の前提知識として持っておいたほうがいいでしょう。


鍼灸治療の効果とは?

鍼灸治療の具体的な効果は、その人が持つ自然治癒能力を高める事です。

人は体が弱ったり、病気になったりした場合、体を正常な状態に保とうとします。

この働きを強めることが鍼灸治療では期待できます。不妊において鍼灸治療は一定の効果があると証明されています。


しかしその解釈としては、身体の調子を整え、妊娠しやすい身体に調整していると言えるでしょう。

具体的には、鍼灸治療は血行改善、ホルモンバランスの改善、治療を通したリラクゼーション効果、ホルモンバランスの改善が期待できます。

特に冷え、ストレス、生理は相互に関係しているため、これらのバランスを取ることは非常に効果的です。


妊娠しやすい人とは?

妊娠しやすい人には、いくつかの特徴があります。


一つ目は、年齢が若いということです。年齢は、妊娠をするうえでは重要なポイントとなります。

二つ目は、健康であること。やせすぎている人、もしくは太りすぎている人は妊娠にもいい影響を与えません。

三つ目は、ストレスを溜め込まず、発散が上手な人です。心の調子は、体にも影響を与えます。

適度にストレスを発散し、溜め込まない性格の人の方が、妊娠にもいい影響を与えます。


今回は、鍼灸の不妊治療に対する効果についてご紹介しました。

まず不妊の治療を始められる方は、1年以上の妊娠しない方が多い傾向にあります。

不妊に悩む方が多い中で、鍼灸はその解決策の一つとなりえます。


鍼灸治療の効果は、人の持つ自然治癒能力を高めることとです。不妊に関しては、体の調子を改善し、妊娠しやすい身体になるよう治療します。

また妊娠しやすい人というのは、いくつかの特徴があるため、自らしっかりと体をいたわってあげることも大切です。

2017-10-04 00:00

怖くない!痛くない!鍼灸治療の流れ

前回の記事を見て、「鍼灸治療、ちょっと気になる!」と思ってくれた方は多いと思います。

ですが実際、鍼灸治療ってどんなことをやるのだろう?と具体的なイメージが湧いてない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は鍼灸治療の内容についてご説明します。


・カウンセリング・診察

まず、鍼灸師によるカウンセリングや診察で、体の状態や体質をチェックされます。

「タイミング法で妊娠したいが、生理が不規則で難しい」「何年か不妊治療をしているが、なかなか授からない」といった自分の症状を伝えてみましょう。


不妊の原因と考えられる症状や体質に合わせて、鍼灸師が効果的なツボを判断して施術方法を考えます。


・鍼の施術

細いステンレス製の鍼をツボに刺します。このとき、鍼を上下させたり、回したり、振動させたりして刺激を加える方法もあれば、ツボに刺したまま10~15分間置いておくこともあります。


鍼を刺すときの痛みが心配な人もいると思いますが、通常は金属や合成樹脂製の筒を使って刺すので、ほとんど痛みはありません。

緊張せず、できるだけ力を抜いた状態で鍼の施術を受けましょう。


・灸の施術

もぐさでツボに熱刺激を与える方法は主に2つあり、もぐさを直接皮膚の上に乗せて、火をつける「直接灸」と、もぐさと皮膚の間に生姜やにんにくなどの緩衝材を置く「間接灸」があります。


不妊など婦人科系のトラブルがある場合、お灸で下腹部のあたりや足を温めることで骨盤内の血行が良くなり、卵巣や子宮の機能が改善が期待できます。


・もぐさとは

海岸、山地、高山に自生するキク科の多年草ヨモギの別名であり、これから得られる漢方薬「艾葉(がいよう)」の別名としても知られています。

また、一般には灸術の施術の際に燃焼させる綿状の材料をさします。

もぐさを用いる灸術は、古代中国において実用化したもので、数千年の歴史をもつといわれています。


灸術において、もぐさが用いられてきた理由としては、


(1)他の物質に比して燃焼温度が低い、
(2)気体を含んで軽く、さまざまな大きさや形に簡単に変形できる、
(3)持ち運びに便利、
(4)中国および日本では広範囲に容易に入手できるなどがあげられます。


燃焼温度が低いので熱さや痛みはほとんど感じません。


・通院のペース

鍼灸院に通うペースはだいたい週1回、3~6ヶ月程度が目安です。

個人差があるので、体調や症状の変化を見てもらいながら、鍼灸師と治療法やスケジュールを検討してください。



いかがでしたか。

鍼灸治療イメージついたでしょうか。

ぜひ不妊治療に理解のある治療院で施術をしてもらってはいかがでしょうか。

2017-08-10 14:12

鍼灸院の選び方!4つのポイント

鍼灸院に初めて行く時には「どんなところが良い鍼灸院なんだろう?」
と迷ってしまいますよね。

病院と同じで看板を見ただけではその鍼灸院がどんなところか、どんな鍼灸師がいるのかわかりませんよね。


これから鍼灸院を探そうとしている方へ、「良い鍼灸院」を選ぶため5つのポイントをお伝えいたします。鍼灸院選びの指標にお役立てください。


1ホームページがしっかり作られている

ホームページがしっかり作られていることはとても大切なことです。単に連絡先やアクセスだけでなくどのような鍼灸院なのかがわかるように、詳しく書いてあるかどうかをしっかり見て下さい。

予約や施術の流れが書いてあるか、よくある質問事項などホームページを見れば 事前に疑問が解消できるようになっているか、また院の施術ポリシーなどがしっかりわかるように書かれているかということも大切なポイントです。

自分の症状を改善してもらえるかを判断する材料になると思います。


また、患者様の声なども、良い鍼灸院を選ぶ際には 知りたい内容です。

どのような患者さんが通っているのか、同年代 の人もいるのかどうか、 など、知りたい情報が多いほど、良いホームページだといえるでしょう。


2施術者がわかる

ホームページがしっかり作られていれば、施術者の顔もわかるようになっているはずです。

国家資格も大事ですが、どんな人が施術するかどうかということも大切な判断材料になります。

女性のスタッフもいるのか、質問などしやすい環境なのか、ということを気にされる方も多いのではないでしょうか?


鍼灸院によってはスタッフがたくさんいて、毎回違う人になってしまうということもあります。

ですので、どのような担当者がいてどのように患者様の対応をしているのか、ということも確認して、安心して施術を受けられる所を探しましょう。


3衛生管理が行き届いてる清潔な環境

ホームページで施設の様子がわかりやすいかどうかも重要なポイントです。

とても技術の高い鍼灸院だったとしても、あまり清潔感のない施設では行く気がしませんよね。

ホームページでどんな施設なのかまったくわからないのも不安になると思います。


過ごしやすい環境になっているか、実際に施術を受ける場所は衛生管理が行き届いているかなど、ホームページ上できちんと公開している鍼灸院は良い鍼灸院といえるでしょう。


4得意な専門分野がある

ホームページにはその院で施術を行っている適応症状などが書いてあると思うので、どのような分野の施術が得意なのかが事前にわかるといいですね。

肩こりや腰痛に強いのか、それとも婦人科系の症状や自律神経失調症など心との関わりにも強いのか、それによって自分が今抱えている症状を改善できるかどうかの判断ポイントになると思います。


鍼灸師は身体のことは一通り学んでいるので対処できないということはないのですが、医者と同じで専門分野を持っている人の方が自分の症状に当てはまるかどうかチェックしておきましょう。
もし不安な場合は、事前に「このような症状で診てもらっている人はいますか?と聞いてみるといいと思います。



いかがでしたか?

良い鍼灸院を選ぶポイント、参考になりましたでしょうか?
安心して通えるように、そして辛い症状が改善されるようお役に立てれば幸いです。

2017-08-10 14:09

不妊治療の種類~まずは手軽なものから始めよう~

不妊治療には大きく分けて、「一般不妊治療」と「生殖補助医療(ART)」の2種類があります。


生殖補助医療(ART)とは配偶子(卵子と精子)や受精卵(胚)を体外で取り扱う高度不妊治療を指し、大まかには、取り出した卵子と精子を合わせて、体外で受精させる「体外受精」と、顕微鏡下で卵子のごく近く(場合により卵細胞内)に精子を注入する「顕微授精」の2種類があります。


こうした技術にたよらない治療法(薬物療法、手術療法、配偶者間あるいは非配偶者間の人工授精など)を一般不妊治療といいます。


不妊治療は通常、自然に近い方法からより高次の治療法へと、段階的に進んでいきます。生殖補助医療(ART)は一般不妊治療と比べて経済的負担が大きく、また肉体的負担も少なくないことから、そこに進むか否かの決断は、不妊治療を受ける際の大きな節目となります。

鍼灸における不妊治療も一般不妊治療の1つとなります。


今回は一般不妊治療について紹介していきます。


■一般不妊治療の種類

一般不妊治療には、「タイミング法」「ホルモン療法」「人工受精」「鍼灸治療」などがあります。



・タイミング法とは
基礎体温表や超音波、尿検査により、排卵日を予測します。

また、それに合わせて夫婦生活を営むよう指導されます。不妊治療の最初の段階として行われます。



・ホルモン療法とは
ホルモン剤による排卵を誘発させる治療法です。

排卵に障害があったり、黄体機能不全により子宮の内膜に排卵が着床しないといった場合に行われます。

飲み薬と注射薬があります。



・人工受精(AIH)とは
排卵予測日に、男性精液をより分けて子宮に注入する治療法です。

タイミング法やホルモン療法で妊娠しなかった原因不明な不妊症や、男性の精子に問題がある場合に有効な手段として考えられています。


・鍼灸治療とは
一般的に、鍼灸は肩こりや腰痛、神経痛などによく効くとされていますが、日本鍼灸師会によると、生理痛や月経不順、不妊などの婦人科系疾患にも効果があるとされます。

元々、鍼灸は予防医学なので、自分が本来持っている体内のバランスを整えることで、様々な症状に対応できると考えられています。


不妊治療の一環で鍼灸を行う場合、不妊症の根本的な原因を治療するというよりも、「体の調子を整えて妊娠しやすい体を作る」のが目的です。

鍼灸を受けると、具体的には以下のような効果が期待できます。


● 血行が良くなり、お腹や骨盤周りの冷えが改善
● 自律神経が整い、ホルモンバランスが改善
● ホルモンバランスが整い、子宮や卵巣の働きが改善
● 心身をリラックスさせ、ストレスを解消


体の冷えや自律神経、ホルモンバランスの改善は、妊娠しやすい体作りの基本。ストレスなど精神的な影響でホルモンバランスは乱れやすいので、リラックスすることも大切です。



いかがでしたか。

手軽に始められる鍼灸治療、ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?

次回は鍼灸治療の更に詳しい方法について紹介します。

2017-08-10 14:06

やっぱり不安?鍼灸治療の痛みについて

皆さん、針といわれると、注射針や縫い針などをイメージしてしまうの方が多いのではないかと思います。

これらの針を刺すと考えると、非常に痛そうですが、実際の針治療の鍼は刺しても痛くないのです。

今回はそのメカニズムを解説していきたいと思います。


・どうして痛くないの?

針で痛みを感じる時は、針が皮膚に刺さったときです。

しかし、鍼治療で使用する鍼は、0.2mmほどの極めて細く弾力のある鍼のため、痛みをほとんど感じることはありません。
人間の皮膚の表面には痛みを感じる痛点が数多くあります。どんなに細い鍼を使っても、この痛点を避けることはできません。


しかし、痛点はある一定以上の刺激でなければ反応しないため、それ以下の刺激では痛みを感じることはありません。

そのため、鍼治療の際は強い刺激を与えないように、刺し方や針の形状に工夫をしてあるのです。


針を刺入するときには、筒状をした鍼管という管を使用します。

鍼を鍼管に入れ、鍼管上部に少しだけ出ている針の頭を、手で叩いて入れます。この手法で針を刺入すると針の先が皮膚を瞬時に通過するため、細胞の破壊が最小限で済んで痛みをあまり感じないのです。


また、針の先端は丸みを帯びているので、皮膚に刺さるときの抵抗が少なくなり、スムーズに入るため、痛みを最小限に抑えることができるのです。


・お灸は熱くない?


お灸というと、我慢するのがつらいぐらい熱い、お灸のあとが火傷として残るなどのイメージがありますが、現在では特に希望がある場合以外は、このようなお灸をすることはありません。


近年では、痕が残らない、熱くないお灸が主流となっています。

皮膚の上に灸点紙という紙を敷いたり、皮膚と灸の間に生姜やニンニク、味噌などを挟み、熱さを緩和させたりする方法もあります。
もうひとつ、熱さを感じない理由としてあげられるのが、もぐさの燃焼温度が低いことです。


もぐさは、よもぎの葉を乾燥させて作られています。

よもぎには、チネオールという揮発性の精油成分が多く含まれていますが、このネチオールのおかげで燃焼温度が低くなるのです。
よもぎは植物なので、天候に左右され収穫量が安定しませんが、現代の科学を持ってしても、代わりになるようなものは見つかっていません。


いかがでしたか?

針の痛さと同様に、熱さに対する感覚も、人によってそれぞれです。同じ熱さでも心地よく感じる人と不快に感じる人がいます。お灸はどんな場合でも、不快な熱さを感じさせないように、気持ちよく感じてもらうのが原則となっています。

2017-08-10 14:03

不妊鍼灸についてー鍼灸院の選び方ー

不妊鍼灸に関して、現在多くの鍼灸院が存在します。

その中でも、できれば効果がしっかりと出るところ、もしくは名医と呼ばれるような人に治療を受けたいと考えるのは皆さん同じであると思います。


また、鍼灸師も人ですので、個人的な相性、信頼できる人か否かもとても大切です。なので、ここでは鍼灸院を選ぶときのポイントについて、ご紹介したいと思います。


1.不妊における専門がある鍼灸院

まず不妊鍼灸に関して、治療をお願いするためにも、そこに対して専門知識をしっかりと持っているか否かとても大切な条件になります。

不妊鍼灸に関して言えば、他の治療よりとはまた違った知識が必要になってきます。


具体的には、患者の方が病院でどのような治療を受けているのか、そしてどのような薬を飲んでいて、それによる体への作用などを把握できていなければ、なかなか一人一人に最適な治療を行うことは難しくなると思います。

また体の悩みを相談した時に、「鍼灸治療でよくなる」だけではなく、なぜ、どのように良くなるのかを説明してくれるところは信頼できるところでしょう。


なので、不妊鍼灸に関して言えば、その専門知識や、どのように体に効果があるのかをしっかりと説明してくれる鍼灸院は信頼できるでしょう。


2.高くて混んでいるのは、いい鍼灸院の証拠!?

いい鍼灸院は、多くの人が通っていて、やはり治療費も高いのではないかと考える人も多いのではないでしょうか?

確かに、評判が良くて人気な治療院は、それぞれの地域にいくつかは存在しているでしょう。


しかし、それが必ずしもいい鍼灸院であるとの保証はありません。

人を集める方法は、口コミだけではなく、広告、宣伝など様々なものがあります。メディアに露出する機会が多ければ、それだけ人が多く集まりやすくなります。なので、院が込んでいるかを選ぶことはしないほうがいいでしょう。


また、治療費が高いことがいい鍼灸院とも限りません。最近では様々な機材を導入し、それらをオプションとして利用する際に、料金が高くなるところも存在します。それだけの機材をそろえて、効果を検証しながら治療を進めてくれるところもありますが、そうした鍼灸院が全ていい鍼灸院とは限りません。

むしろ、鍼灸医療においては継続して治療を続けることが大切です。なので、ご自身の無理のない範囲で、継続して行けるような鍼灸院を選ぶことが大切です。



今回は、鍼灸院の選び方についてご紹介しました。

初めて鍼灸院に行く際には、選び方がわからず不安なことも多いとは思いますが、その鍼灸院、そして鍼灸師の姿勢を見ることによって、ある程度は見分けることができます。


アクア鍼灸治療院では、そうした患者様の悩みに対して誠実にサポートをさせていただいております。なにか体に関する悩みがある場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

2017-08-10 12:57

次の記事 >>

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日