大阪市天王寺区にて妊活中の女性から、体に優しい痛みのない不妊治療が支持されています

電話予約で初診料が無料 06-6774-521806-6774-5218 平日11:00~20:00 土曜日10:00~13:00 日曜日・祝日は休診大阪のアクア鍼灸治療院のご予約・お問い合わせ

治療の基本となる「証」とは?

東洋医学では、同じ病気であっても患者の体質や症状により、その原因や対処法が違ってくるものと考えられます。これは東洋医学独自の概念であり、この概念をもとに病気の姿を明らかにしたものを「証」
といい、身体全体を総合的に診たうえで決定します。

証を見立てるための4つの診察法

東洋医学では「四診」といわれる望診・聞診・問診・切診、4つの診察を用いて証を決めます。

①望診

体を見ることによる診断。主に顔や皮膚の色、また舌の状態や姿勢、体の動きを見て診察する方法。

②聞診

聞くことによる診断。呼吸音や声を聞き、また口臭や体臭を嗅ぐことも含まれます。

③問診

患者に様々な質問をし、情報を集めることにより診断します。質問の内容は、病気の発生、経緯や自覚症状、家族歴や病歴などです。

④切診

体に触れることにより診断。脈を調べ、お腹や症状のある部位を調べます。

顔面と臓腑の関係

顔の各部位は、それぞれ体の特定の箇所と関係しているため、
顔を観察することで臓腑の調子を知ることができる。

治療方法

証が決まれば治療に取りかかりますが、東洋医学の場合同じ病気であっても、患者それぞれの体質に合わせて治療方法を変えます。そこで、体質やかかりやすい病気の傾向を見極めるために使われるのが「実証」「虚証」という概念です。実証は外からの有害物により丈夫な人が不健康になった状態、虚証は体の機能が低下して不健康になった状態を指します。例え症状が同じでも、実証と虚証では病気の捉え方が変わり、従って治療も異なるものとなるのです。

鍼灸の治療ステップ

「理→法→方→穴→術」

鍼灸治療では、まず証を立て(理)、治療方針を決め(法)、治療法を選択(方)します。次に、具体的に施術するツボを選択し(穴)、施術方法を決定する(術)という流れに添います。これらのステップを丁寧に踏むことで、患者さまひとりひとりに最適な治療を行います。

診療日カレンダー

…休診日

営業時間:平日11:00~20:00 ※土曜日は10:00~13:00まで

大阪の鍼灸不妊治療:アクア鍼灸治療院

06-6774-5218

※ご予約・お問い合わせについては、お電話にてお願いいたします。

営業日