質の良い卵子を育てよう

皆様は元気な卵子を育てるのに何かしていることはありますか??

結構何から始めれば良いのか分からないとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

今回は、卵子を気長に育てるためのお話です。

妊娠するまでの手順

  1. 射精
  2. 排卵
  3. 受精
  4. 着床

と大まかにこの4つの手順を踏んで妊娠に至ります。

妊娠するためには、全ての要素がタイミングよく揃う必要があります。

少しでも妊娠の可能性を高めるためにもまずご自身のお体を整えて元気な卵子を育てて行くことが何よりも大事です。

卵子は成長するのに180日かかります。

卵子は脳から卵巣刺激ホルモンが出てそこからエストロゲンが出ます。

その後黄体ホルモンが分泌されると卵巣内で卵胞が10~20個育ち始め、一番成長した卵子が排卵される仕組みになっています。

卵子が育ちやすい環境を作ろう

まず、妊娠をしやすい体と言うのは体がすごく元気であると言うことです。

人間の体は生命維持が第一優先です。ストレスにさらされると自分の体を守ろうとするので生殖の方にエネルギーが行きにくくなります。

疲れ切った体ではまず回復しようと体は動いていきます。

まずは、体に不調がある方は不調を取っていくようにしていきましょう!

そして、体に良いことをしていきましょう!

体にいいこととは?

・食生活の見直し

高タンパク、低糖質のお食事をオススメします。人間の体を構成しているのはタンパク質です。しっかりと日常のお食事で摂っていきましょう。
また、
ミネラルは鉄、亜鉛、カルシウムも妊娠する体に必要でオススメですよ。
砂糖は体を冷やしやすいので控えめにしましょう。

・疫力をつける

体調があまり優れない時は、生殖器にエネルギーが行きにくいとされています。
体調を良くして行きましょう!
また、旬の食べ物を食べると良いでしょう。旬のものの栄養成分の含有量はそうでないものに比べて圧倒的に多いのです。旬のものには「気」があると考えられ、身体に良い影響を与えてくれます。

・運動する

1日20~30分程度の運動をしてみましょう。血流が上がっていき免疫力も高まってきますよ。
運動するとミトコンドリアが増えます。ミトコンドリアが増えるとエネルギーをたくさん作る事が出来ます。
ミトコンドリアを増やして細胞を活性化させていきましょう。

・温活をする

妊活にとって体を冷やさないことはとても重要です。お腹などを触って冷たいなと感じるようであれば積極的に温めていきましょう!!!
湯船に浸かったり、ウォーキングをしたり、自宅でヨガなどのストレッチもいいですね。
38℃から40℃程度の適温のお風呂に15~20分つかることによって体幹が温まり血流をよくします。またリラックスすることによって自律神経も同時に整えることができます。
また、アイスや冷たいドリンクが飲みたくなる季節ですがあまり食べ過ぎないようにしましょう。
内臓が冷えてしまい、子宮卵巣に血流が行きにくくなってしまいます。お灸を毎日していくだけでも体は温まってきますよ(^^)
他にも、素足で過ごすのは避け靴下をはく習慣をつけましょう。くるぶし、足首までしっかり覆う靴下を選ぶようにしてくださいね。

まとめ

しっかりと体を整えると自然と妊娠しやすい体に変わってきますし、卵質も良くなってきます。

諦めずに日々頑張っていきましょう!!!

 

■■□―――――――――――――――――□■■
不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文

大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
10:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~17:00/土日祝(受付終了17時)
不定休/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■