妊活お役立ち情報

妊娠をお考えの方の中で、低温期が長くて悩んでいる方もいるかもしれません。 低温期は14日が標準ですが、それよりも長いと不妊のリスクがあります。 妊娠を考えている方は特に、できるだけ早く標準的な周期にしたいですよね。 では…

続きを見るarrow_forward

生理周期には低温期と高温期の2つがあり、それぞれが14日間であると言われています。 どちらが短くても長くても、様々な弊害が出てくるので注意が必要です。 皆様の中にも、低温期が高温期より短くなったという方もいるのではないで…

続きを見るarrow_forward

鍼灸(しんきゅう)は、細い鍼を身体に刺してツボを刺激する東洋医学の1つです。 肩こりや冷え性だけでなく、不妊改善にも効果があるので、不妊にお悩みの方が多く足を運ばれています。 鍼を刺すと言っても、ほとんど痛みは感じず、リ…

続きを見るarrow_forward

不妊は女性だけの問題ではなく、不妊の原因の半数は男性にあるとも言われています。 不妊の原因が男性側にある場合、女性はどうすることもできませんよね。 そんな男性の不妊の原因のほとんどは、造精機能障害と呼ばれ、精子をつくる機…

続きを見るarrow_forward

みなさんは「不妊治療」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「妊活」をテーマにしたドラマも放送されるなど、晩婚化が進む現在、認知度や注目度共に年々上昇しています。 しかし、名前はよく知られたこの「不…

続きを見るarrow_forward

ホルモンバランスの乱れや血行促進によっておなか周りの冷えを改善することで、不妊治療を強くサポートしてくれる鍼灸。 ただ、なかなか身近な存在でないだけに、通院頻度や利用法など、鍼灸治療の正しい通院方法を詳しく知っている方は…

続きを見るarrow_forward

現在、カップルの六組に一組が不妊について悩みを抱えていると言われています。 つまり、この問題は決して他人事ではなく、いつ、誰にでも起こりうるものなのです。 自分は不妊になりやすい体質なのか、またその原因は何なのか、漠然と…

続きを見るarrow_forward

妊活中、または妊娠中の方は「稽留流産」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。 しかし、一般的に聞く「流産」と具体的に何が違うのか、また、繋留流産になる兆候やその自覚症状、発生してしまう危険性など詳しくご存じの…

続きを見るarrow_forward

カップルの六組に一組が不妊に関する悩みを抱え、不妊治療がどんどんと大衆化している現在、不妊治療を受ける確率は誰にでも平等にあると言えるでしょう。 しかし、いざ治療を受けるとなっても自分は果たして上手くいくのか&#8230…

続きを見るarrow_forward

一般的に、高齢出産とは「母体が40歳を超えた時点で妊娠、出産を迎える状態の総称」と定義されています。 しかしながら、40歳に達していなくとも、年齢による妊娠・出産のリスクがどれほどなのか気になる方は多いのではないでしょう…

続きを見るarrow_forward