お客さんの喜びの声

妊娠28週目まで来ました!!人工授精の失敗や子宮内膜症、チョコレート嚢腫を乗り越え・・・

大阪にお住まいのO・Nさん31才主婦の方です。 chat

大阪にお住まいのO・Nさん31才主婦の方です。

当院へ来られたのは、昨年の11月でした。生理痛はもとより子宮内膜症やチョコレート嚢腫、体調不良を訴えておられました。ご主人様も精索静脈瘤と診断され手術されました。

「精索静脈瘤とは」

精巣やその上の精索部の静脈の拡張が認められ、これを精索静脈瘤と言います。
精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められます。
精巣やその上の精索部に静脈瘤が出来ることで血流が悪くなるため、精巣温度の上昇などで精巣機能が悪くなる症状のことです。

男性不妊症の原因の一つで、男性不妊症患者の全体の40%以上に認められます。

奥様は、現在妊娠28週目に入りました。体調不良を克服し妊娠まで至りましたが、妊娠中には「悪阻(つわり)」等もありましたが鍼灸治療で改善され元気な様子です。出産までトラブルがないように、鍼灸を受診されるそうです。スタッフ全員で、出産まで全力で応援させて頂きます!!ぜひ、赤ちゃん見せて下さいね(^_^)楽しみにしています。

※施術効果には個人差があります。