妊活におけるおすすめの運動について

妊活には様々な方法があります。
基礎体温の把握や不妊治療、鍼灸治療など例を挙げると、きりがありません。
その中でも手軽にできることは、食生活の改善や規則正しい生活の徹底、適度な睡眠、簡単な運動でしょう。
 
その中でも今回は、妊活におけるおすすめの運動についてご紹介したいと思います。
 

・どうして運動が効果的なの?

妊娠しやすい体を作るためには、生活改善と体質改善が考えられます。
運動による体質改善については、二つのポイントがあります。
 
一つ目は、運動によって血行が良くなり、冷え性が解消されるということです。
 
「妊活と冷え性は関係あるの?」と思われる方もいるかもしれません。
簡単に説明すると、血液の流れが良くなることで、たくさんの栄養素を子宮や卵巣といった妊娠に関係する臓器に運ぶことができ、子宮や卵巣の機能の向上につながるのです。
 
また、代謝もよくなるためホルモンバランスが正常な状態となり、排卵のペースが正常となります。
 
二つ目は、運動によって自律神経が安定するということです。
自律神経が乱れている場合、体調不良や過度のストレス、不眠症に繋がることがあります。
しかし、運動をすることで自律神経が安定し、質のいい睡眠やストレス緩和といった体質改善につながるのです。

・どのような運動がいいの?

結論から述べると、ウォーキングがおすすめの運動です。
まず、妊娠しやすい体を作るためには基礎代謝を高めていく必要があります。
基礎代謝を高める必要性については、先ほどご紹介した通りです。
そして、基礎代謝を高めるためには有酸素運動を行うことが効果的であるのです。
有酸素運動とは、簡単に説明するとゆっくりとした呼吸を行いながら運動することです。その代表例がウォーキングだと言われています。
 
また、運動に関して注意すべきことは、激しい運動は控える方が良いということです。
激しい運動をすると、体の中に活性酸素という物質が作られます。
活性酸素は、体や精子、卵子を老化させてしまうため、活性酸素が多くなると整理の周期が乱れたり、正常な排卵ができなかったりといったことが起こってしまうのです。
筋力トレーニングや短距離走などの、短い時間で力を発揮するといった運動が例に挙げられます。
これらが一概にいけないとは言えませんが、妊活に悪い影響を与える可能性があるため避けるとよいでしょう。
 
今回は、妊活におけるおすすめの運動についてご紹介しました。
ウォーキングのほかにもヨガやストレッチといった運動も効果的だと言われているようです。
物は試しと考えて、一度トライしてみましょう。