不妊治療をして良かったことは?天王寺の鍼灸院がご紹介

「不妊治療を始めたいけれど、なかなか踏み出せない‥」
このような方は意外といらっしゃるのではないでしょうか?
世間一般でも、「高齢での妊娠は辛い、難しい」という意見も多く踏み出せない気持ちもありますよね。
しかし、この気持ちを諦めることは非常にもったいないです。
不妊治療をしていて辛いこと以外にも良かった体験があれば勇気につながりますよね。
今回は経験談をもとに不妊治療をして良かったことをご紹介していきます。

我が子に出会えたこと

やはり、不妊治療を経て一番嬉しかったことはこれに尽きるのではないでしょうか。
不妊治療を開始してから3回目の人工授精で子宮外妊娠になり右卵管切除手術をしたり、不安や期待や落胆を繰り返しながらようやく出産された、と言う方もいらっしゃいます。
自然妊娠できる体ならば辛い思いもすることなく、治療にかかった費用も考えれば治療せず子育てできる人を羨む気持ちも当然あるでしょう。
不妊治療中破先が見えなくて辛いこともあり、心身のバランスが保ちにくくなることも多々あると思います。
しかし、色々な困難を乗り越えて生まれてきてくれた赤ちゃんだからこそより一層愛情を持って子育てをできるかもしれませんね。

人の傷みがわかるように

不妊治療を通して、
「自分の経験していないことは心底から理解することは難しい」と感じた方がたくさんいらっしゃいます。
出産の痛みは本人しかわかりません。
治療による痛みも苦しさも本人にしかわかりません。
経験をしていないと、それらの痛みを理解するのは不可能に近いです。
不妊治療を通して人の気持ちを理解することに少し近づくことができるのではないでしょうか。

旦那さんとの絆が強くなったこと

妊娠、子育て、妊活中の女性アプリであるママリに、不妊治療中の方から以下のような投稿がされました。

約一年半妊活し、お金や労力など色々な苦悩を経て様々な思いもした。
しかし、何より夫と2人の時間が幸せ。
何度もリセットして何度も泣いて、なんで私は?と思うことも多いけれど、本当にこの人と結婚してよかった。

大好きな人とともに過ごしたいと思ったから結婚し、その先に子供が欲しいと感じたと思います。
視点を変えてみると、妊活はご主人への愛そのものではないかと考えられますね。

終わりに

以上、不妊治療をしていて良かったことをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
ぜひこの記事を参考にしていただき、妊活を始めるきっかけにお役立てください。